オンラインで購入する
18%ポイント値引き&送料無料実施中!
ミゲルとジュリアーノ
ミルクと煙草 コンプリート・エディション(期間限定スペシャル・プライス盤)
MIGUEL AND GIULIANO Milk and Cigarettes Complete Edition 1997-1999
2019年2月27日(水)発売
CRCDS9832 JANコード4582239476994 税抜定価980円
CD プラケース 2枚組
<CLINCK RECORDS SPECIAL RELEASE ¥980>邦楽編
期間限定完全受注生産!ソウル/ファンク〜レア・グルーヴ、AOR/シティ・ポップまで名作盛り沢山!クリンク・レコードのカタログ・タイトル洋楽/邦楽40タイトルがスペシャル・プライスで登場!

ロック随筆家、小松崎健郎(ミゲル)と不動産仲買人、三井隆司(ジュリアーノ)による幻のフォーク・ロック・デュオによる唯一のアルバム『ミルクと煙草』が発売15周年を記念したスペシャル・エディションで復活!
 
ポップなメロディメーカーぶりが一部音楽業界関係者や熱心なファンから高く評価されていたものの、市場からあっという間に姿を消したカルト・アルバムが「幻の15年」を経て、まさかの“再発&新譜”2枚組なって堂々の帰還!
 
リマスター&新たに様々な楽器のオーヴァーダブを施した最新音源により生まれ変わったオリジナル・アルバム(「『ムッシュー:かまやつひろしの世界』とキンクスの『サムシング・エルス』とシド・バレットの『帽子が笑う...不気味に』の3枚を足して10で割ったような」本人談)と未発表デモトラック集&未発表ライヴ音源をパッケージした豪華2枚組。
 
ライナーノーツ(大鷹俊一)/歌詞/小松崎健郎による回想記『ミルクと煙草の顛末記』を掲載した24Pカラー・ブックレット付き(予定)。
オリジナルCDの復刻版ブックレットを封入。
 
【DISC-1】
―アルバム『ミルクと煙草』完全版(リミックス&リマスター)―
New Version Mono Album Trk.1 - Trk.19
Re-Produced:山森 JEFF 正之 & 新井裕尚(クリンクレコード)
Remixed and remastered:山森 JEFF 正之 at ラビット・スタジオ
 
□オリジナル盤『ミルクと煙草』□
Original Stereo Album
発売年月日:1998年12月15日
原盤番号:Vivid Sound / Milkwood Records MSPL18001
録音年月日:1998年9月10日、17日、24日(Trk.1 - Trk.17)
録音場所:STUDIO 24
Original recordings produced:小松崎健郎&三井隆司
Original recordings supervised:吉川政弘(ST UDIO 24)&杉田潤(Vivid Sound Corp)
●Personel:
小松崎健郎:ヴォーカル、ギター、ベース、タンバリン
三井隆司:ボンゴ、タンバリン、パーカッション
山森正之:ベース、ハーモニカ、メロトロン、オルガン、オルゴール、ハープシコード、シタール、ピアノ、パーカッション、マリンバ、サウンド・コラージュ・ミックス
鈴木やすし:ドラムス、タンバリン
高橋一路:ヴォーカル、ギター
...ほか友人たち
 
【DISC-2】
―未発表デモトラック集―
Produced:小松崎健郎
Remastered:山森 JEFF 正之
Released:unreleased
―未発表アルバム『ライヴ・イン・キャバレー』―
Produced:山森 JEFF 正之
Remixed & Remastered:山森 JEFF 正之
Released:DJ Only(Milkwood Records MPL-18002)
 
--------------------------------------------------------------
 
小松崎健郎 セルフ・ライナー『ミルクと煙草の顛末記』より抜粋:
『ミルクと煙草』。最初は私家版で50枚くらいプレスして親しい人たちに葉書きみたいに「元気ですよ」って送るために作ろうとした。そのためまずフォステックスのMTRで一人でデモを作った。僕は中学の頃から日記のようにして自己満足で曲を書いており(現在で500曲くらい)、躁病とその反動からの鬱病に数年間悩まされていたこの当時も、気が向いたときには書いていたのだ。だから中学の時に書いた「ボーイフレンド」に「ホールド・ミー・タイト」(ザ・ピーコック・スーツのアルバムでは高橋一路さんに歌ってもらった)、それと、高校からの親友の田中ケンジくんが書いたヘンテコリンな詩を改作、それに韻と旋律をつけてプレゼントした3曲以外は、当時の僕の日常風景をテーマにしたものばかりだ。それは出来そこないの短編エッセイのようでもあり、曲順を少し組み替えると1997年から1998年当時の日記そのものになる。
考えてみたら私家版なんだから、あのMTRで作ったデモ(2枚目のディスクの1〜6)をそのままカセットテープにすればよかったんだよね。でも、やはりギターと歌以外の楽器も入れたくなって、当時は家内と並ぶ僕の保護者でもあったミッチャンを引率者に、埼玉県は西川口にあるちゃんとしたスタジオで一人で多重録音して作ることにしたのだ。でもまだ何かが足りない。
そこで2日ほどでベーシックをつくったうえで、ザ・ヘア〜バックドアメンのドラマー、やっさん(こと鈴木やすしさん)と、ザ・シャムロック〜オレンジズのベーシスト、ヤマチャン(こと山森ジェフ正之さん)に参加してもらうことになったのだ。僕の場合、ギターもベースも下手だし、さらに致命傷としてチューニングとリズム感がおかしいのにもかかわらず、肝心のチューニングマシーンとメトロノームを忘れてしまったため、それに後からリズム隊を加えるというのはお二人にとって悪いことをしたなと思ってる。でも2、3回聞いただけで合わせちゃうんだからさすがプロは違うなと感心した。だからもともとのリズムがヘンなんだよ。しかもヴォーカルとコーラスは9割がた僕が一人でダビングしたものだが、そもそも音程をとるのが大の苦手なので(つまりヘタってやつだね)、何回歌い直しても大差ないだろうから、ほとんどがワンテイクなのだ。
〜中略〜
2枚目のディスクには本編やデモ以外に、ライヴやザ・ピノキオズと一緒にやったリハーサル音源もある。これらは、とあるキャバレー・バンドが「だんご3兄弟」(覚えてる?)よろしく「Don’t Let Me Down〜キブリ・ゴーのテーマ」なるゴキブリ退治の曲を書いたところ大正製薬の宣伝マンの目に留まり大ヒットするのだが、結局最後は元のキャバレー・バンドに戻ってしまう、という壮大な(?)コンセプト・アルバムとして2枚目に予定していた『ライヴ・イン・キャバレー 実況録音盤 於)キャバレー“女の世界”』からのものだ。ストーンズの『ガット・ライヴ』やキンクスの『ケルヴィン・ホール』みたいに、とにかく音が悪くて、しかも後からヴォーカルを加えたのがバレるようにわざと作られている。
 
*こちらの商品は過去にCRCD5094-95として発売されたものと同内容です。予めご了承ください
収録情報
Disc-1
―アルバム『ミルクと煙草』15周年版―
01. サーカス / Circus
02. ボーイフレンド / Boyfriend
03. ミルクと煙草 / Milk And Cigarette
04. サンデイ・アフタヌーン / Sunday Afternoon
05. みどりの草原 / Let Me Call You My Green Grass
06. 落ち葉の公園 / Autumn In The Park
07. テル・ミー・ホワイ / Tell Me Why
08. マーシュはミステリアス / Marsh Is Mysterious
09. アフタヌーン・ティー / Afternoon Tea
10. ディア・マイ・フレンド / Dear My Friend
11. エヴリナイト / Everynight
12. ロングトールなポップスター / Long Tall Pop Star
13. ふたりの散歩道 / Walking In The Twilight
14. それゆけ!ウィークエンド / Here Comes The Weekend
15. 川のほとりで / Sitting By The Riverside
16. 森のスティーヴ / Steve From The Wood
17. 不可解な言葉 / Those Mysterious Words
Additional Tracks
18. フラッシュバック / Flashback Part1 & Part2*
19.ミルクと煙草 / Milk And Cigarette - TPS version
 
Disc-2
―未発表デモトラック集―
01. サーカス(デモ) / Circus*
02. テル・ミー(デモ) / Tell Me*
03. みどりの草原(デモ) / Let Me Call You My Green Grass*
04. ディア・マイ・フレンド(デモ) / Deat My Friend*
05. エヴリナイト(デモ) / Everynight*
06. それゆけウィークエンド(デモ) / Here Comes The Weekend*
07. 想い出のサニーサイド(デモ) / I Remember The Sunny Girl*
08. ホールド・ミー・タイト(デモ) / Hold Me Tight*
09. プアガール(デモ) / Poor Girl*
10. キャバレー(デモ) / Cabaret*
11. アイ・ニード・ユゥ(デモ) / I Need You*
―未発表アルバム『ライヴ・イン・キャバレー』―
12. すべてを貴方に / Give You Everything*
13. ノスタルジア / Nostalgia*
14. ミルクと煙草 / Milk And Cigarette*
15. みどりの草原 / Let Me Call You My Green Grass
16. あの娘を見なかったかい / Have You Seen Her Face*
17. レディ・クリシュナ / Lady Krishna*
18. 川のほとりで / Sitting By The Riverside*
19. シチュエイション・ヴェイカント / Situation Vacant*
20. ゲット・バック・イン・ザ・ライン / Get Back In The Line*
21. ホエア・アイ・ビロング / This Is Where I Belong*
 
 
All tracks mono
See booklet for full recordings details
 
All tracks marked * previously unreleased
インフォメーション
宮本典子初7inch化3ヶ月連続リリース第1弾、デビュー・アルバム『PUSH』から表題曲&「やりかけの人生」が登場! (2019/02/16更新)
名作盛り沢山!クリンク・レコードの邦楽カタログ20タイトルが¥980+税で一挙登場! (2019/01/21更新)
ソウル/ファンク〜レア・グルーヴからAOR/シティ・ポップまで、クリンク・レコードのカタログ・タイトルが¥980+税で一挙登場! (2018/12/21更新)
長沢ヒロ/安全バンド50周年!!和モノ人気盤「終りなき日々/新宿警察のテーマ」が7inchリイシュー! (2018/12/12更新)
二名敦子、幻のデビューアルバムが紙ジャケ/SHM-CD、金澤寿和氏書下ろし新規ライナー仕様で遂に復活! (2018/11/14更新)
Light Mellow 和モノ×CLINCK RECORDS 7inch最新リリース サーカスの幻の1枚「月夜の晩には」が復刻! (2018/11/10更新)
Light Mellow和モノ/和フュージョン・ファン待望!スペシャル・ジャム・カンパニーのアルバムが初CD化! (2018/10/05更新)
Light Mellow 和モノ×CLINCK RECORDS 7inch最新作 スペシャル・ジャム・カンパニー ウィズ 酒井俊が登場! (2018/08/28更新)
クリンク・レコード【JAPANESE GRAFITTI ROCKIN’ DONUTS】第5弾、江利チエミの4曲入り45回転EPが発売! (2018/07/17更新)
クリンク・レコード和モノ7inch再発 長らく品切れになっていた、朱里エイコ「イエ・イエ」が待望の再プレス! (2018/06/01更新)